エクステリアの重要性

日頃、自分の住宅のエクステリアについて気にする人は少ないです。ですが、他人の家の場合はエクステリアを気にする人は多いと言えます。エクステリアは大事なことで、人間で言えばどのような服装をしてどのような髪形をしているのかというぐらい大事なところです。 そこで、エクステリアが傷んできたり、調子が悪そうな場合はリフォームをする必要があります。エクステリアで大事なところはバランスです。たとえば、住宅が洋風なのに庭が和風というのも周りから見たらバランスが悪いように見えます。また、建物は大きくは広いのに門から玄関までの距離が短いというのではあまりバランスがいいとは言えません。

エクステリアを気にする場合、周りとの調和も大事です。調和は日本人がとても気にするものです。できるだけ周りと合わせて生きるようにする人とか、同じような格好をする人が多いのも周りとの調和と言えるかもしれません。例えば、地味な住宅街なのに派手な家はあまり周りと調和がとれていると言えません。また、和風の建物が多い街に洋風の建物を建てるとそこだけ浮いてしまいます。 それ以外にも色あいが大事です。例えば、シンプルな住宅を目指すのであれば、できるだけ主張が少ない色、例えば白などを基調とするのがいいでしょう。また、クラシックな住宅には木目の色に近いオレンジ色などが似あうのです。このように住宅の調和と色合いも大事にしましょう。